カプセル収納|カプセルホルダーの種類と魅力

ドルチェグストのカプセル収納場所について紹介したいと思います。

うちで使ってるのはこれ↓

カプセルホルダーの箱

おすすめのカプセルホルダー

ドルチェグスト本体を乗せれるので省スペース。

カプセルホルダーの上

ホルダーは5列あって、1列につき6個ずつカプセルが入る。
合計30個のカプセルを収納可能。

良いポイント

収納できる個数が多い

ドルチェグストは1箱に16カプセル入りが基本。
このホルダーだと2種類の味(16×2)が収納可能(2つ余るけど)。

取り出しやすい

引き出しタイプなので、誰でも簡単に使える。

カプセルホルダーにはタワータイプもあるけど、そっちだと子供が倒してしまう可能性あり。引き出しタイプは小さい子供がいる家庭でも使いやすい。

5列あるのが使いやすい

いろんな味のカプセルを、列ごとに入れて管理できる。

すぐ飲む分をカプセルホルダーに入れて、余ったものは箱に入れて保管しておくのがおすすめ。

理由は以下のページで書いた通り。

関連記事

ドルチェグストのカプセルは完全密封されているため、コーヒー粉が酸化しないのが特徴。 買ってから時間が経っても味が変わらないと思っていた。 が、ある日から味が落ちた。この記事ではその原因と、対策について書いていきます。 カ[…]

味が落ちたらこれで解決

カプセルの箱をできるだけ涼しい場所に保管することで、美味しさを保ちたいから。

うちでは箱を玄関に置いてます。
次に飲みそうなカプセルをホルダーに移しておくので使い勝手も◎

悪いポイント

オシャレじゃない

あとで紹介するけれど、ドルチェグストのホルダーはオシャレなものが多い。

縦に収納できたり、回転したり、インテリア要素がある。

うちにあるやつは見た目がオーソドックス。
使い勝手を重視した形なので、インテリア要素が薄い。

今のところ、使っていて悪い点と感じるのはそこだけ。

ドルチェグストカプセルホルダーの種類

引き出し式

2段になっている引き出しタイプ。

ドルチェグストは1箱16カプセルなので、4箱(64個)を収納してまだ余裕がある。

マシン置き場が滑り止めマットなので騒音を抑えるメリットあり。

タワー回転式

タワーのように縦に収納し、回転させることができる。

インテリア的に使えるカプセルホルダーだが、利便性は低め。

途中に入っているカプセルを取り出せないため、複数のカプセルを混ぜて入れる使い方ができない。

ディスプレイタワー

とにかくオシャレに収納できるタワータイプ。

パッと見たときのインパクトが1番大きく、高級感がある。

回転させることができ、収納数も30個以上なので実用性もあり。

以上、ドルチェグストのカプセル収納についてでした。参考にしてください。

30秒で淹れたてコーヒーが飲める暮らしになる

まとめ情報

ドルチェグストは1杯いくら?
レギュラーなら1杯55円。ドルチェの真骨頂「スタバのカプセル」でも1杯73円です。

カプセルの味は何種類ある?
22種類(ブラックは11種)あります。そのほかラテ、カプチーノ、ミルクティー、宇治抹茶など。

カプセル定期便って何?
登録すると3ヶ月ごとに選んだカプセルを送ってくれるサービス。

定期便のメリット
  • カプセルが最安値で買える(5~15%オフ)
  • 送料無料
  • 届くカプセルの組み合わせを自由に選べる
  • マシン無料レンタル

お店で買うと1万円以上する「ジェニオアイ」が無料レンタルできる。
レンタル中はずっと保証付き。故障しても無料修理。

違約金は?
定期便は3回以上継続したあと、いつでも解約できる。違約金なし。

カプセルが余ったら?
次にカプセルが届かないように、Webサイトからスキップ可能。スマホからログインして簡単に設定できる。

さらに詳しい情報はこちら↓

関連記事

ネスカフェのコーヒーマシン「ドルチェグスト」購入前はこんな感じでした↓ 使ってみたいけど、いろいろ用語があって、ワケがわからん! ネスカフェアンバサダー?カプセル定期便?定期お届け便?マシン無料? というわけで、 […]

定期便の申し込み前に知りたいことを全部まとめた

公式サイトはこちら↓