コールドブリューの味レビュー【まずい】

こないだ予約したドルチェグスト専用カプセル。
「コールドブリュー」と「アイスカフェオレ」が届きました。

先行予約販売だから2つ分の送料がかかって、普通よりも高い値段で買ったわけ。でもアイスコーヒーが好きだし、ドルチェグストの新メニューということで楽しみにしていたのだけれど……。

コールドブリューの味レビュー

まずい!

誤解のないよう、最後まで読んで欲しいんだけど、単刀直入にまずい。

最初に飲んで「コーヒー色の水か!」って思ったくらい。

何で不味いかっていうと、ちょっと作り方を見て欲しいんです。

作り方

コールドブリューの作り方
  1. カップに氷を入れる
  2. カプセルをマシンにセットする
  3. 水(目盛り6)で抽出
  4. 完成

まず、水で抽出することにびっくり。
今まで色々なカプセルを飲んだけど、全部「お湯」だったから、「水」のほうは飾りだと思ってた。水で抽出したのは今回が初めて。

そもそもコールドブリューって何?

コールドブリューは水で抽出したコーヒーのこと。

作り方は合っるんだけど、ドルチェグストの仕組みと合ってない。

コールドブリュー
→時間をかけてゆっくり水で抽出する

ドルチェグストの仕組み
→圧力をかけ、短時間で一気に抽出する

結果、うすいコーヒーが抽出される

ドルチェグストのコールドブリューは、とにかく薄く感じました。

作った人、どうかしちゃってる?

と言いたいくらいだけど……。

たぶんこのコーヒーは「美味しい」のだと思う。

商品開発してる人は何十、何百っていうコーヒーを飲み比べて、豆にもこだわって作ってるはずだから、舌が優れてると思う。

  • 香りを嗅ぎ分ける能力が高い
  • 味わいを感じる能力が高い

そういう人が飲んだら美味しいんだと思う。僕は舌がいいわけじゃないから美味しさを感じられないけれど。

多分美味しいんだろうけど僕個人としては不味い……というのが結論です。

舌に自信のある人におすすめ!

コールドブリューカプセルの基本

1箱12カプセル(12杯分)

コールドブリューカプセル

コールドブリューはカプセル1つで1杯のコーヒーを入れるタイプです。

カップに150gの氷を入れ、目盛り6(150ml)で抽出。
300mlのコーヒーが出来上がり。

甘さ

砂糖なし。甘さなし。完全なブラックコーヒーです。

  • コーヒー豆(ブラジル産)
  • 焙煎チコリ根

チコリというヨーロッパの健康野菜を使っているのがポイント。

以上がコールドブリューカプセルのレビューになります。今後は、美味しく飲むためのアレンジを考えたいです。最適な目盛り設定やアレンジレシピが見つかったらこのページに追記します。

美味しい飲み方を発見

コールドブリューのアレンジ

数日後、いろんな淹れ方を試してみて、美味しい飲み方を発見しました。

公式の淹れ方
→目盛り6で抽出

美味しいと感じた淹れ方
→目盛り4で抽出

水量の目盛りを少なめにすると美味しい。

ドルチェグストに限らず、コールドブリューって独特の味がありますよね。飲んだときに「あぁー、コールドブリューだなぁ」って思う、あの味です(伝わってる?)

目盛り4なら、コールドブリューらしさとスッキリ感が両立。バランスが良くて美味しかった。コールドブリューカプセルを飲むときは、目盛り6から順番に飲んでいって、自分に合った濃さを見つけるのがいいかもしれません。

30秒で淹れたてコーヒーが飲める暮らしになる

まとめ情報

ドルチェグストは1杯いくら?
レギュラーなら1杯55円。ドルチェの真骨頂「スタバのカプセル」でも1杯73円です。

カプセルの味は何種類ある?
22種類(ブラックは11種)あります。そのほかラテ、カプチーノ、ミルクティー、宇治抹茶など。

カプセル定期便って何?
登録すると3ヶ月ごとに選んだカプセルを送ってくれるサービス。

定期便のメリット
  • カプセルが最安値で買える(5~15%オフ)
  • 送料無料
  • 届くカプセルの組み合わせを自由に選べる
  • マシン無料レンタル

お店で買うと1万円以上する「ジェニオアイ」が無料レンタルできる。
レンタル中はずっと保証付き。故障しても無料修理。

違約金は?
定期便は3回以上継続したあと、いつでも解約できる。違約金なし。

カプセルが余ったら?
次にカプセルが届かないように、Webサイトからスキップ可能。スマホからログインして簡単に設定できる。

さらに詳しい情報はこちら↓

関連記事

ネスカフェのコーヒーマシン「ドルチェグスト」購入前はこんな感じでした↓ 使ってみたいけど、いろいろ用語があって、ワケがわからん! ネスカフェアンバサダー?カプセル定期便?定期お届け便?マシン無料? というわけで、 […]

定期便の申し込み前に知りたいことを全部まとめた

公式サイトはこちら↓