【写真解説】スマホでコーヒを淹れる方法

  • 2020年4月26日
  • 2020年4月26日
  • 使い方

ドルチェグストをスマホ操作するための設定・アプリの入れ方について写真付きで解説します。

スマホ対応のマシン

スマホ対応のドルチェグストマシンは以下の2つ。

  • ジェニオ アイ
  • エスペルタ

本体無料レンタルで入手できる「ジェニオアイ」を使って設定方法を紹介していく。

1.アプリを入れる

PlayストアとAppStore

Playストア(AppStore)のアイコンをタップして、ストアを開く。

“ネスカフェ”を検索して、アプリをインストールする。

ネスカフェを検索

アプリを開くと、マシンの一覧が表示されるので、自分の持っているマシンを選択する。

マシン一覧

※ここでは「ネスカフェドルチェグスト」を選択

2.ログインする

ネスレ会員のアカウントを持っている人はログインする。

はじめましょう

持っていない人は[アカウントを新規作成]を押すとネスレ会員になれる。ネスレ会員は完全無料なので、面倒じゃなければ入っておくといい。ポイントが貯まるようになる。

登録が面倒な人は[ログインせずにはじめる]を押すと、すぐに設定が始まる。

3.アプリの設定

アプリの画面から利用するマシンを選ぶ↓

マシン選択

マシンの電源をオフにする↓

非点灯なら電源オフの状態

スマホ画面の上のほうを、下に引っ張ってメニュー画面を出す。
ブルートゥースを有効にする。

ブルートゥースを有効化

ここからは一気に作業する。

  1. アプリ画面から[検索ボタン]を押してマシンを探す
  2. ○○が見つかりましたとアプリに表示される
  3. [次へ]を押す
  4. [ペアリングを開始する]を押す
  5. マシンの赤い抽出ボタンを押す
緑ランプがついたら接続成功

アプリ画面に「○○とのペアリングが完了しました」と表示されれば接続完了。

4.オーナー登録

続いて、マシンのオーナー登録をする。

マシン登録

アプリ画面に19桁のシリアル番号を入力。
シリアル番号は、マシン本体の裏側に記載されてる。

シリアル番号

※水タンクを外すと背面にも書いてあります

これでアプリの設定は完了です。
次回以降は、ブルートゥースをオンにして、アプリを起動するだけで接続できます。

スマホからコーヒーを淹れる方法

アプリのホーム画面から[淹れる]を選択する。

淹れる
[他のカプセルを追加する]を押し、一覧からカプセルを選ぶ。

カプセル一覧

画面に追加されたカプセルの写真をタップ。
抽出量を設定する。

今回はリッチブレンドを選んだので目盛りは初期値の「7」が選択されている。

抽出量の設定

抽出量は好みによって、好きな数字に変更できる。
温度を選択する。

  • 高温
  • 中温
  • 低温

とくに理由がなければ高温を選ぶ。

設定が終わったらカプセルをセットして[淹れる]ボタンを押す。
勝手にドルチェグストが動き出し、コーヒーの抽出がスタートする。

ジェニオアイに淹れる

コーヒーを淹れたあとの画面で[マイレシピ登録]を押すと、さっき入力した設定が保存される。次回から、同じ設定でコーヒーを淹れられる。

マイレシピ登録

以上が、スマホからドルチェグストを操作して、コーヒーを淹れる方法です。設定するときの参考にしてください。

30秒で淹れたてコーヒーが飲める暮らしになる

まとめ情報

ドルチェグストは1杯いくら?
レギュラーなら1杯55円。ドルチェの真骨頂「スタバのカプセル」でも1杯73円です。

カプセルの味は何種類ある?
22種類(ブラックは11種)あります。そのほかラテ、カプチーノ、ミルクティー、宇治抹茶など。

カプセル定期便って何?
登録すると3ヶ月ごとに選んだカプセルを送ってくれるサービス。

定期便のメリット
  • カプセルが最安値で買える(5~15%オフ)
  • 送料無料
  • 届くカプセルの組み合わせを自由に選べる
  • マシン無料レンタル

お店で買うと1万円以上する「ジェニオアイ」が無料レンタルできる。
レンタル中はずっと保証付き。故障しても無料修理。

違約金は?
定期便は3回以上継続したあと、いつでも解約できる。違約金なし。

カプセルが余ったら?
次にカプセルが届かないように、Webサイトからスキップ可能。スマホからログインして簡単に設定できる。

さらに詳しい情報はこちら↓

関連記事

ネスカフェのコーヒーマシン「ドルチェグスト」購入前はこんな感じでした↓ 使ってみたいけど、いろいろ用語があって、ワケがわからん! ネスカフェアンバサダー?カプセル定期便?定期お届け便?マシン無料? というわけで、 […]

定期便の申し込み前に知りたいことを全部まとめた

公式サイトはこちら↓